国際メタバース協議会
International Metaverse Council

設立の背景・目的

 メタバースが国際的に拡大していく中で、各国のアドボカシー団体の政策提言や事業推進等に国際的な視点を取り入れる必要性などから設立を決定いたしました。協議会の主たる目的は下記の通りです。

・各国の規制動向の共有
・UGC等の商取引事例の共有
・表現の自由を擁護するための情報共有
・各国の研究開発動向の共有
・国際的なメタバース動向に係る報告書の作成
・メタバース文化の擁護に係るアライアンス構築

協議内容から作成された報告書は原則として公表し、政策提言等に取り入れていきます。

協議会の構成

座長:NPO法人バーチャルライツ、担当:國武悠人
(日本、英:Virtual Rights Specified Nonprofit Corporation. 韓:가상 라이츠)
委員:VR문화 권익 위원회 、担当:송민우
(韓国、日:VR文化権益委員会、英:VR Culture & Rights Committee)

※その他必要に応じて各回に講師や専門委員を招聘

協議内容

第1回:各国の課題について情報共有
第2回:表現規制の動向について共有し、報告書を作成
第3回:クリエイターに対する権利侵害について共有し、報告書を作成
第4回以降は情勢に応じてテーマ及び出席者を決定

議事録・資料